銀行でお金を借りる|カードローンでキャッシング

キャッシングは手軽に申し込める便利なツールです。
以前のキャッシングといえば、消費者金融の代名詞のように扱われていましたが、最近は消費者金融だけでなくクレジット会社、銀行カードローンなど多くの金融機関で簡単に申込ができます。

 

できるだけ金利を抑えてお金を借りたい」という場合は、銀行カードローンがおすすめです。
銀行カードローンは大手銀行や地方銀行、信用金庫などあらゆる銀行がキャッシングに積極的になっていて、それぞれが独自の基準で金利や融資限度額を決めているので、低金利でお金を借りたい時はカードローンを比較して、自分に有利なカードローンが選べます。

 

審査に受かるコツはある?

こうすれば審査に受かる!実はそのような方法はありません。審査では大きく分けると3つの項目があります。

 

  1. 申込書から判断される返済能力
  2. 個人信用情報機関に過去や現在の債務履歴を照会する信用力
  3. 勤務先を確認する在籍確認

参照元:【即日】お金を借りる方法|最短・今すぐお金が必要な方へ

 

 

消費者金融利用者層

「貸金利用者に関する調査・研究」によると、平成24年時点で過去3年以内に消費者金融やクレジット会社のキャッシングの利用目的で多いのが「生活費不足の補てんの為」「欲しいもののための資金不足」「クレジットカードの支払資金不足」というのが上位を占めています。

 

これらの目的から、日常生活の上で必要にせまられ、借入をしていることを表しています。

 

消費者金融は現代の庶民金融として定着していますし、銀行カードローンに比べてシステムやノウハウに優れていて、審査時間も30分程度というスピード審査が可能になっています。
職業別の利用者で「生活費不足の補てん」と答えたのは派遣社員や契約社員、パートやアルバイト、フリーター、主婦の回答割合が高く、「欲しいもの支払資金不足」と回答したのが専門職のかたとなっています。

 

銀行カードローンの利用理由

銀行カードローンの実態調査はおこなわれていませんので、全体的な事はわかりませんが、ジャパンネット銀行に口座が有るかたを対象にして「カードローン利用に関する実態・意識調査」(平成23年度)では銀行カードローンの利用理由として回答があったのが、「利用限度額内であれば、必要な額を何度でも借り入れできるから」59.6%、「対応スピードが速いから」43.1%、「申込手続が簡単だから」30.6%でした。

 

日常的なことに対して使う方が多いからこそ、手軽に利用できる利便性が評価されているようです。
また、カードローンを利用するとき何に重視したのか、という回答では1位が金利の低さ、2位が安心感、3位が返済の自由度となっており、銀行カードローンを選んだ理由はまず金利が低いことで選ばれています。

 

銀行カードローンのメリットを生かす

銀行カードローンのメリットは、何と言っても金利の低さにあります。
大手消費者金融の金利は、が4,5%〜18,0%の範囲内となっていますが、銀行カードローンは超低金利のカードローンもあれば消費者金融並みのカードローンもあります。

 

たとえば、現在もっとも金利が低いカードローンとして、住信SBIネット銀行「Mrプレミアムコース」があります。
金利は1,99%〜7,99%といった超低金利のカードローンもあれば、4,5%〜18,0%と消費者金融なみのカードローンもあります。

 

銀行カードローンは大手銀行だけに限らず、都市銀行や地方銀行などのカードローンがあり、情報サイトや銀行のホームページの情報を調べれば地方銀行でもサービス面も含めてもっとよい条件のカードローンが見つかる可能性もあります。

 

また、銀行の目的ローンでお金を借りると、全額を一度に受け取り、あとは返済を続けるだけになり、追加融資をしてもらうためには、改めて申込をして審査を受けなければなりません。
カードローンは審査で融資限度額が決まれば、その範囲内で何度でも借りられるので、追加融資でお金を借りたい時でもすぐに借りられるという利便性に人気があります。

 

銀行という安心感

大手消費者金融は提携銀行グループの名前を前面に出し、有名タレントを使ってソフトイメージのテレビCMなどを流しています。

 

そういったことで今までとはちがうということをピールしていますが、つい最近までは払い過ぎた金利の返還訴訟や、過去には社会問題にもなった暴力団まがいの取り立てなどが報じられ、いまだに暗いイメージを持ったかたもおられます。

 

「お金は借りたいけれど、消費者金融を利用するのはためらいがある」という多くのかたもおられます。

 

銀行はお金を借りる所、といった概念が定着しているので、銀行でお金を借りるということには抵抗感もありませんし、むしろ安心感があります。

 

日常的に使われているカードローン

銀行でお金を借りるということは少し敷居が高いように思われますが、長引く経済不況が続いたことから、パートやアルバイト、専業主婦などでも申込ができるカードローンが増えており、職業形態にとらわれず、審査に通ればキャッシングができるので、まずは申込をしてみることをおすすめします。

 

「審査に通るかどうかが不安」というかたは、申込前にホームページにある「借入診断」などでシミュレーションをしてみれば、融資が可能かどうかのおおよその見当がつきます。

 

銀行カードローンを利用する場合、基本的には時間をかけてできるだけ低金利で借りられるカードローンを選ぶのがポイントですが、どうしてもすぐにお金が借りたいという場合でも即日融資でお金が借りられます。

 

以前の銀行カードローンは審査に時間がかかり、申込をしても融資までに最短でも1週間から2週間必要でしたが、最近では一部の銀行カードローンでも即日融資が可能になっていますので、急にお金が必要になった場合でも即日融資で申込ができます。